日給制と月給制の違い

日給制と月給制の違い

日給というと、通常の場合、アルバイトや派遣社員の給料形態です。時給が決まっていて、働いた時間に応じて日給を計算します。正社員の場合は普通は月給制です。この場合、社員が欠勤したり遅刻や早退をしたりしても、給料が減額されないという特徴があります。

だからといって、いくら欠勤しても構わないという話ではありません。正社員でも勤怠が大幅に悪ければ、ボーナスカットや昇給の停止などの処分があります。雇用する側にとっては、日給制の制度は必要のない賃金を払わなくてもよいというメリットがあります。社員が働いただけの分を払えば良いので、会社側にとって賃金効率が良いです。

しかし、雇用される側にとっては、不安が残ります。雇用契約などをしっかり確認しておかなければならないです。盆や連休のある月などは給料が減ってしまいます。月給制と違い、その月によって給料の額が変わってくるので、働いている側としては安定していないです。日給制の給料は月給としてまとめて月末などに支払われます。会社によっては週払いのところもあります。アルバイトでも労災保険や雇用保険に加入してもらう権利がありますので、給料明細を見て、それがないようだったら会社側に要求することができます。

求人などを今から調べるならココ

Copyright (C)2016日給制と月給制の違い.All rights reserved.